皆さんご存知のように、妊娠中には葉酸以外にもいろんな栄養素が不足しがちです。また、葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。ですのでいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけて下さい。葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、新しい血を創り出すのに有効な栄養素です。

これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠のチャンスが直接的に増えることが期待できます。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、ホルモンバランスが良くなり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。

一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、妊活中の彼女に勧めておきました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、お腹の赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思います。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き初めました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に一度通い、一回三千円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。全部飲み切らないうちに、二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

妊娠してから病院が行なう栄養指導や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。

持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)点があります。

葉酸は加熱すると失われやすいというリスクを理解し、十分な葉酸摂取を心がけて下さい。皆さんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があると思いますが、一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。葉酸はいろんな食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜は持ちろん、枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。
葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが大変だという方は、無理をせずサプリを飲むことも間ちがいではありません。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。

妊娠中だけじゃなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

受胎時から初まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行なうと良いでしょう。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少指せるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)する期間ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。